バルコニータイル3つの特長

①経年劣化を抑えられる

バルコニー下地の防水層は太陽光の紫外線や落下物等により年々傷んでしまいます。 バルコニータイルを施工しておくと、経年劣化が抑えられるので、バルコニーの見た目も下地も美しいままキープできます。
 

②空間に「つながり」と「広さ」を生みだす

室内のインテリアテイストやフローリングの色に合わせてタイルを敷くと、リビングとバルコニーに連動感が生まれ、ひとつながりの空間のように生活空間を室内だけでなく、バルコニーまで広げることができます。
 

③お手入れがカンタン

タイルを敷いておくと、汚れがついても水をかけるだけで表面の汚れが浮き上がります。さらにデッキブラシ等で軽くこすると、きれいなタイルに元通り。きれいなままのバルコニーを保てます。